世界標準への対応~技術標準(続き)-応対世界標準~技術標準(続)

—Click to read Chinese—点击阅读中文版—

こんにちは、ブログをご応援の皆様、ありがとう。今日は技術標準の続きです。

(2) 技術標準(続き)

20世紀後半、グローバル化への布石はイスラム世界、アフリカを残し整ってきたので、1998年、技術陣にコマツグループの技術の本質を再確認してもらい、チャレンジの方向を次の通りと定めた。
 1.顧客のQCD(品質、コスト、納期)を向上する技術
 2.技術の潮流を予見し先取りする技術
 3.技術の方向と重点を定めて継続的な研究開発を行う
 4.世界中のパートナーとネットワークで連携する技術
 5.技術と技能を磨き技術者一人ひとりの夢を実現する

何をやるか、何をやらないかの原則をグループ全体で再確認してもらった。技術開発が納期やコストに追われ日常ビジネス化すると、進歩・革新に向かわなくなる。極楽とんぼの自由気ままな研究をやり過ぎるとビジネスとしての厳しさがなくなる。個々の技術者の実力が勿論鍵となるが、世界の技術陣のベクトルを合わせるためのリーダーシップが重要さが増している。

更に技術標準には世界との共存の視点が必要、ISOなど標準策定協議の過程に参画して安全、環境など技術面から世界に貢献することだ。欧州は国の数が多いので国益を主張するだけでは世界の技術標準策定には参画できない。日ごろの付き合い個人的信頼関係がものをいうのは、オリンピックを自国に誘致する活動に似ている。

最後までお読みありがとう。また次回ね!

—–For Chinese readers below—–以下中文阅读—–

大家好!谢谢各位对我博文的支持。今天继续“技术标准”这个话题。

(2) 技术标准(续)

20世纪后期,除了伊斯兰教世界和非洲,小松的全球化布局已是井然有序,因此在1998年,我令技术部门重新确认小松集团的技术本质,并制定了下列挑战方向。
  1.能提升顾客QCD(品质,成本,限期)的相关技术的开发
  2.致力于能预见技术的发展潮流,并能引领技术潮流的相关技术的开发
  3.决定技术的方向和重点并进行持续性的研究开发
  4.确保小松遍及全球的合作企业以及联网据点之间的义务得以紧密协作的相关技术的开发
  5.为技术者创造条件,使他们人人都有机会磨练自己的技术和技能,并实现自己的梦想

集团全体一起针对要作什么和不做什么的原则实施了再确认。倘若把技术开发也弄成被限期和成本所困的日常商业化,那么进步・革新事业则难以前行。然而过于悠闲,毫无规则束缚地搞研究,又会使研究事业难成。技术者的个人实力固然重要,然而能让小松的技术阵营与世界技术阵营的向量保持一致的领导能力也愈显其重要性。

进而,就技术标准的认知而言,还需具备与世界共存的远大目光,参与ISO等标准协议的策划制定工作,在环境等技术方面贡献于世界。欧洲国家众多,假如各国都偏重于主张本国的利益,则会让他国无法参与世界标准的策定工作。这和人与人之间维系日常交往,个人间的信赖关系不可或缺,以及各国争取奥运会在本国的举办权活动都具有相似之处。

谢谢阅读。再见!

日本語版に戻る—Return to Japanese version—点击返回日语版




この投稿のTrackback URL

コメントを残す