安崎会長からの便り~癌との平和共存生活 日々是好日

安崎会長より、癌との平和共存生活を楽しんでいるとの嬉しい便りが届きました。ご同意を得たのでシェア致します。

—–
昨年12月11日に生前葬みたいな安崎 暁 感謝の会を催してから3か月以上が経ちました。

病院に通っての延命治療をやめましたので、医者の言う通り、私は昨年の内にこの世とはオサラバするものと覚悟していました。まさか新年を迎え今も生きているとは自分の想像外のことでした。

家内のケア、食事・免疫療法にある程度従い、自分としてもストレスゼロの癌との平和共存生活を楽しんでいるおかげかも知れません。胆汁をパイプで体外に排出し、痛みは薬で抑えながらの生活ですからまだ先のことは分かりませんが、食欲がある間は日々是好日と毎日を過ごせそうな気がしています。

食欲と言えば、81年の私の生涯で忘れられない食べ物の有難さの記憶が三件あります。

その一、1945年戦火の迫る東京から家族と別れて、学校ごと新潟へ集団疎開したその日に汽車の中で食べたこの世の別れのような母親手作りの“ラスク”の美味しかったこと。お互いに生きて再会しようという望みが詰まっていたのだろう。

その二、1984年胃と十二指腸潰瘍手術で胃の三分の二を摘出した時、脂肪太りのため手術が難しく時間がかかった。、全身麻酔からさめて、初めて口に入れた白湯の格別のうまさ。どんなご馳走も叶わない。

その三、1971年、冬のソ連出張時、野菜不足で慢性ビタミン不足。しおれた人参、ジャガイモ、玉ねぎの他は何もない、ないないづくしのモスクワ事務所の夕食時、アルメニアへの出張から帰ってきた商社駐在員が持ち込んできてくれたアルメニア大根1個、これを大根おろしにして皆で食べた。新鮮なビタミンの味。

世界中のご馳走を食べてきただが、この三つはどんなご馳走より忘れられない私のグルメの記憶である。

アルメニアの大根の話を当時の商社の友人と感謝の会で語り合った。
どこをどう都合したか、彼からアルメニアの大根ですよ、と私の自宅にこれが届けられた。45年前のビタミン補給の記憶とシベリア開発のプロジェクトに携わった商社の友人達との懐の深い付き合いを掛け合わせて大根おろしを美味しく味わった。
彼らのことを自他共に商社在籍の“コマチスト”と称していた。彼らのおかげでコマツの壮大なシベリア開発の事業が開けていった。

—–

最近收到安崎会长的来函,得知他与癌和平共处、愉快地生活着。征得他的同意,特分享如下。

—–
自去年12月11日我举办类似于生前葬的安崎暁感謝会之后,3个多月过去了。

那时因决定不去医院接受延命治疗,医生说我活不到来年,对此我已经做好了精神准备。然而我却不仅活过了新年、并且现在还活着,实在出乎自己的预料。

我在一定程度上遵从妻子的饮食、免疫疗法,也或许是自己能零压力地与癌和平共处、愉快地生活也见了效。现在胆汁通过胆汁管排出体外,疼痛通过止疼药抑制,虽说这样的日子前景难料,但尚有食欲的日子给了我“日日是好日”的感受。

提起食欲两字,我不由想起了在我81年的人生之中难忘的三宗可贵记忆。
其一是在1945年从战火迫近的东京和家人分开,随学校集体疏散去新潟的那天在火车上吃的母亲亲手做的有点生离死别味道的脆甜饼干,里面或许是饱含了母亲互相能活着再见的切切心愿,好吃极了。
其二是1984年在胃及十二指肠溃疡手术中被摘除了三分之二的胃之时,脂肪过多令手术时间延长。当我从全身麻醉中醒来,那入口的第一口白开水的特殊美味,令我感觉胜过世间所有的美味佳肴。
其三是1971年,冬季出差苏联之时,由于蔬菜不足导致了维生素的慢性不足。除了枯萎的胡萝卜、土豆和洋葱,几乎没有其他东西可吃。在这山穷水尽的莫斯科事务所,有天晚饭时,大家把从亚美尼亚出差归来的商社驻在员带回的1根亚美尼亚萝卜擦成萝卜泥,美美地享用了一餐。那新鲜的维生素的味道至今还口留余香。

虽然尝遍了全世界的美味佳肴,然而这三种美食却胜过任何美味,成了我一生难以忘怀、回味无穷的美食记忆。

在去年的感谢会上,我和当时的商社朋友还谈起了亚美尼亚萝卜的故事。
没想到那之后,不知道他费了什么周折竟将亚美尼亚的萝卜送到了我家。我将45年前补充维生素的记忆以及与参与西伯利亚开发项目的商社朋友们之间的深交记忆参合在一起,再次品尝了美味的萝卜泥。

他们都被称为、也自称为身在商社的“小松主义者”。承蒙他们的努力,小松壮大的西伯利亚开拓事业得以成功展开。

—–

今年も続く~安崎会長の「余生三等分主義」

去る4月9日に、安崎会長の2冊目著作の協力関係者の会合が行われました。

安崎会長を含み、編集者2名と中国語翻訳者1名、計4人による顔合わせ会議兼楽しい食事会でした。
記念として会合の写真及び安崎会長からのコメントを掲載しましょう。

「3月末の予定で執筆中の本の日本語原稿が出来上がった。
中国での2冊目の本として翻訳完了後、早ければ、本年夏にでも上梓される。
中国の民間企業経営者、管理者のお役に立てればうれしい。
昨年、寧波で講演したところから、また今年も頼むと言ってきた。
私も元気な間、両国の民間企業経営者間の対話・交流の一つとして続けられれば良いと行ってくるつもりです。
写真は本の出版でお世話になった人たちとの会合の一こまです。」

4月9日に,安崎会长第2本著作出版业务的有关协作者举行了聚会。

这是一场包括安崎会长、编辑2名和中文翻译1名、共4人相聚的碰头会兼愉快的聚餐会。
特将会议纪念照片以及安崎会长的发言登载如下。

“预定3月末写完的书稿,日语原稿完成了。
作为在中国出版的第2本书,在翻译工作完成后,早则今年夏季出版。
衷心希望能对中国的民间企业经营者以及管理者有所帮助。
去年请我去宁波讲演的邀请方,今年也发来了邀请。
我也愿意在身体尚健的有生之年,能继续为促进两国民间企业经营者之间的对话以及交流出一份力量。因此,今年也将受邀前往宁波。
照片是与书籍出版的有关协作者的碰头会之场景。”

meeting1 Apr 9, 2017
meeting2 Apr 9, 2017

また、当日会合の参加者の投稿も転載します。
meeting3 Apr 9, 2017

心配な割り勘奨励 — マイナス効果を避けるのには?

心配な割り勘奨励

7月30日の産経新聞で表記のソウルからというコラムを読んだ。面白いが違う見方もあると思った。
アメリカ大統領候補トランプ氏は異なる意見を罵倒するが、私は建設的対話のつもりで自分の感想を記します。

コラムは公職者に対する接待は食事約3千円、贈答品約5千円まで。それ以上は法的に処罰されるという韓国の接待禁止法がこの秋から実施されることに関する論評だ。一部を引用すると、「・・・韓国は接待社会である。ただメシただ酒、付け届けが日常化しているだけに大変だ。食事も贈り物もこの金額以下では現実的には無理だから、実質的には、接待全面禁止みたいなものだ。・・・韓国人にとっては“文化大革命”だが、これじゃ韓国人は元気が出ないのではないかと人ごとながら心配だ。・・・」という内容。

私の感想、
1.アメリカではかなり以前から、日本でもバブル崩壊のころから“ノーパンシャブシャブ”批判として同様に上限の相場が設けられた。現在の中国でも腐敗防止による内部告発・取り締まりが厳しい。
これはやむを得ないが、マイナスは官民の意見交換、情報伝達がなくなり、減少することと関連業界が不景気になること。
日本では中央・地方の官官接待も多かったから、需要が激減した。「上に政策あれば下に対策あり」の中国では聞くところによれば、表向きは全面的な禁止に近いが、専用の自家ビル内のレストランに内部告発なしの工夫をこらした少人数の産官接待があるという。日本でも自宅への招待は一部にあるだろう。
割り勘では呼ばれた方も行く気がしないだろうが、禁止上限以下の産官交流は堂々とやればよい。高い料金のレストランはお金持ち専用、上限の2倍以下の料金で半額の会費制の交流はありえないのか?批判されるのはうるさいから嫌だろうが、韓国人の本音の意見はどうだろう。

2.日本でも最近は5-6千円以下の会費で行ける店が昔より増えた気がする。余分なコストを減らした中流の店が多くなったように思う。企業内の社用族は激減し、飲み会の勘定を自腹を切って払う上役も激減したようだが、高過ぎた店が淘汰され、コスト・パフォーマンスのバランスの良い店が増えるなら普通の人には有難いし、関連業界の景気が悪くなりすぎるのを防ぐ一助にならないだろうか?

接待王国だったとコラムのいう韓国人の意見はどうだろうか?退任した大統領や、せこい知事を叩くあまり必要な官民対話ができなくなるのは一般国民にとっては不幸ではないだろうか?全部割り勘以外の灰色の合法的な道を認める余裕のある国民がいないのだろうか?

令人堪忧的AA制奖励

7月30日产经新闻“来自汉城”专栏读来有点意思,不过却也引发了我些许不同看法。
美国大总统候选人特朗普针对不同意见,采用的是骂倒对方的方式,我却认为对待世事该用建设性对话方式,本篇感想也遵循这种思维方式而写。

那篇专栏是针对将接待公职人员饮食上限定为约3千日元之内、赠品上限约5千日元、超过则依法处罚这条将于今年秋天开始实施的韩国接待禁止法的评论。引用一部分内容”・・・・・・韩国是个接待社会。白吃白喝、办事送礼已严重到成为家常便饭的程度。今后要将请吃送礼限制在这样的金额以下谈何容易,可说这实际上是接待的全面禁止令了。・・・・・・对于韩国人而然可说一场堪比“文化大革命”的运动即将来临,韩国人会不会因此而一蹶不振呢,实在令人堪忧・・・・・・”。

对此我的有感而发如下:
1.美国自很久以前、日本也在泡沫经济破灭时开始批判风俗招待之类的服务、并设立了同样的上限。
现在在中国,以防腐为目的的内部告发、严格的管制也引人注目。
这些法令措施是没有办法的办法,它们在有效解决问题的同时也已足显其弊端,那便是造成官民之间意见交换和信息传播渠道的消失或减少、以及相关业界的不景气。
看看日本,无论是中央还是地方,曾经活跃的官官接待需求都大幅减少了。在「上有政策下有对策」的中国又如何呢?据说表面上是全面禁止了,但是在自家楼房专用饭馆进行的、下功夫不会被内部告发的少人数产官接待依然存在。
在日本,一部分人在自家设宴招待的事情也是存在的吧。

被邀请参加AA制宴会估计谁也不太愿去,不过我看将会费限制在禁止上限之下,堂堂正正大搞产官交流何尝不可。
贵的饭店用于有钱人参加的餐会,举办其他餐会时,选择费用低于规定上限2倍的饭店,将参加会费减半不就行了吗?不知道韩国人心里是怎么想的呢。

2.在日本,我觉得最近会费5-6千日元以下的饭店也比以前增加了,好像是削减掉不必要成本的中等店增多了的缘故。公司利用族以及自掏腰包支付聚会餐饮费的上司也大幅减少了,不过要是价格过高的饭馆被淘汰、而性价比高的好店增加的话,即使对于普通人而言并无多大意义,但是至少对于防止关联业界景气恶化有点作用吧。

生活在那个专栏称之为接待王国里的韩国人意见如何呢?过度攻击退任的大总统及小气滑头的知事,让必要的官民对话消失,这对于一般国民难道不是坏事吗?
除了全面AA制,难道非白即黑,就没有国民能承认并容许一部分灰色的东西、让其合法存在?

現役を干渉しないは、イコール無関心ではない

現役を干渉しないは、イコール無関心ではなく、逆です

鉱山機械ビジネスを欧米企業のM&Aにより発展させた経緯を前回のブログで紹介した。
自社内の経営資源を活用すれば、大型の鉱山機械の開発・生産・マーケテイングは十分可能だという、当時の社内各部門のどちらかといえば部分最適の議論を全体最適かつグローバルな見地から他社買収へと誘導し、時間を買うということで納得してもらったのだ。

7月23日の新聞で現在のコマツの経営陣が地下坑内掘りの米企業を3000億円で買収するという記事を見た。世界の資源ビジネスは今不況だが、円高気味でもあり地上と地下の鉱山機械の両方を持つ強み、超大型の品ぞろえも進むという点からリスクがあっても賛同できる決断だと思う。

私自身は現在の経営から身を引き一切の口出しもせず、相談も受けていないが将来の事業の発展のためしぶとく努力してくれるよう期待している。

この日もう一つ面白い記事があった。朝日新聞が財政再建中の夕張市の市長にインタビューした記事だ。鈴木直道さんという2011年から現職の若い市長だ。人口減で増す負担は国も地方も同じ、自分のことと意識すべしという内容だ。
最盛期の1960年12万人いた夕張市の人口は現在8千人。
財政再建中だが若い世代のために投資を集中していくという。
よく読むと地方VS国の政治の苦労がにじみ出ている。

私はハイブリッド経営思想の持主だから、朝日も産経も日経も読んでいるが、社説はともかく朝日新聞も最近は時々良い記事を載せている。

高齢者と若者への政策問題は次回に書きましょう。

不干涉现役,并不意味着对现役毫无关心,恰好相反

上次的博文介绍了小松通过对欧美企业的并购,矿山机械事业得以发展的经过。
只要活用自己公司既存的经营资源,就完全有可能推行大型矿山机械的开发、生产、营销工作,我们围绕着这个当时对公司内各个部门有利的议题,进而站在对公司整体有利的全球化立场推进讨论,终于在通过并购其他公司、赢取时间上统一了意见。

7月23日的报纸有篇报道称,现在的小松经营阵决定以3000亿日元收购一家美国的地下坑挖掘企业。虽说如今全世界的资源事业景气不佳,然而在日元呈升值趋势的形势下,若地上及地下两方矿山机械皆能备齐,这无疑能增强企业的体制,就算在推进超大型机械的装备方面存在风险,我也认为这是个正确的决断。

自从隐退后,我针对公司的经营是毫不干涉,也不接受相谈,不过还是一如既往守望、期待着,现役的小松人为了事业的持续发展,能齐心协力、坚持不懈。

这天我还读到另一篇报道,那是朝日新闻对正在进行财政再建的夕张市市长的采访报道。该市长名为铃木直道,是一位从2011年上任,至今还在位的年轻市长。
他在访谈中谈及,由人口减少导致的负担增大不仅是国家,同样也是地方的问题,所以也应视为自己既是个人的问题。
夕张市在人口高峰期的1960年有12万人,现在却仅有8千人了。
财政再建中的夕张市将把投资的重点集中于年轻一代。
仔细读来,可以感觉到地方VS国家政治之举步维艰。

主张采用混合型经营模式的我,既读朝日、也读产经和日经,社论姑且不说,近来读朝日新闻,时时会发现内容挺不错的报道。

下次想谈谈我对高龄者及年轻人相关政策问题的看法。

勉強も遊びも人間の成長にはどちらも欠かせない

勉強も遊びも人間の成長にはどちらも欠かせない

世界中がいまは英国のEU離脱決定の話題で持ちきりだ。この後EUと英国の交渉、日本の参議院選挙、アメリカの大統領選挙と続く。大きな流れはグローバリズムへの是認と反対、ポピュリズムへの同調と自制のせめぎあいだ。

一市民としては如何ともしがたい。短期的には株価や為替レートが激しく変動するだろう。
誰も将来を見通すことなど困難だ。現役の経営者は大変で、ご苦労様だが老人の私はなるようにしかならないと静観している。

大ニュースのはざまに6月27日の日経新聞で興味深い記事を見つけた。18面の金子元久 法政大学特命教授の「高等教育 日中の差を実感」という寄稿だ。アメリカや中国の大学生の学習時間が日本をはるかに上回ること。勉強しない日本の大学生が多数派の日本の国や社会、はたまた、本人の将来はどうなるのかという論点だ。面白いから読み直してみることをお薦めする。

4月に中国の友人から“今の中国では中高生が良い大学に入るため朝から晩まで学校や塾、自宅で異常なくらい長時間勉強している。遊ぶ時間が全くない。よい大学に入らなければ、党や企業の幹部になれないからだが、遊ぶ楽しさを知らないこんな子供たちが大学生、
大人になり国や国民を指導できるのか”という心配を聞かされた。

60年前のことだが、私が中高生のころ先生にそんなに勉強しなくてどうするのだと叱られていた。テレビもない時代、放課後は遊んでばかり、早寝早起き、ラジオを聴きながら夜8時半には寝床に入る毎日だった。大学ではよく遊び、よく学んだ。

英国のEU離脱により世界が良い方向へ変化か、悪い方向へ変化していくのかというのがなかなか難しいが、勉強も遊びも人間の成長にどちらも欠かせないとは自信を持って言える。

在人的成长中,学习和玩耍,两者都至关紧要,不可或缺

这些日子,英国脱欧成了全世界的热门话题。接下来是欧盟和英国之间的交涉、日本的参议院选举、美国的大总统选举,接二连三也将看点不断。一股巨大的潮流已然掀起,是认同还是反对全球化,是与民粹主义同调还是自制,这场角逐也已展开。

作为一介市民能如何呢,这无疑是一道难解之题。短期看来,估计股票和汇率将激烈变动吧。但是将来的事情,则是谁也难以洞悉了。能理解尚在其位的经营者们处境之艰难,作为老人的我只有顺其自然,静观其变了。

在阅读6月27日的日经新闻时,夹在这些沸沸扬扬热门报道缝隙间的一篇报告引起了我的兴趣。那是登载在18面的由金子元久法政大学特命教授执笔、题为“高等教育日中之差实感”(日语题目:「高等教育 日中の差を実感」)的寄稿。他在文中提及美国和中国大学生的学习时间远远超过日本,而日本大学生多数不学习,如此以往国家和社会、或者本人未来将何去何从呢,等等论点。
读来感觉颇有意思,值得反复咀嚼回味。

记得4月分,我有位中国朋友担忧地说:“在今天的中国,中学生和高中生都为了进入好的大学从早到晚在学校、私塾以及家里超乎寻常地长时间学习,完全没有玩耍的时间。虽说考不进好的大学,则成不了党和企业的干部,但是连玩耍的乐趣都不知道的孩子将来成了大学生、长大成人、能领导国家和国民吗?“

这让我不由想起60年前的往事来,中学和高中时代,我曾被老师教训,不爱学习将来怎么办。那时没有电视机、放学后就只知道玩、早睡早起、每天晚上边听收音机8点半就钻入被窝就寝了。不过进入大学后,除了知道玩,也开始认真地学习了。

英国脱欧,世界将朝好的方向还是坏的方向走,这个确实难以预测,不过回想往事,我可以自信地说,在人的成长中,学习和玩耍,两者都至关紧要,不可或缺。