藍染めの海外普及懇談会~安崎暁武勇伝&藍染め武勇伝

oct 10 meeting10月5日夕方より、東京徳島県人会会長でもある当研究会安崎会長は、赤坂インターコンチネンタルANAホテル中華料理花梨で藍染めの海外普及についての懇談会を開催されました。

会長を含み参加者は10名で、何らかの形で藍染め普及事業に関わっている徳島県の方々がほとんどです。
懇親会で、実際に伝統和式藍染めの海外普及(現在主に欧米、東南アジア)をしている西本さまを囲んでいろいろなお話をしていただきました。
藍染めが好きて体験にくる外国人が増えているし、予約もせずに急に体験にやってくる外国人もいるそうでいろんなことの対応に追われている彼女のお話が面白かったのです。
藍染め体験希望者には、藍染めという工程だけでなく、藍を育てる段階から弟子入り全プロセスの体験コースに参加してもらっているそうです。
それが凄いだと、懇談会に招かれた中国人2人も皆さんのお話を興味津々お伺いし、徳島県民が地元の伝統物、日本の伝統物を一生懸命守ろうとする姿がとっても素敵だと感心しました。

もちろん、安崎会長よりも面白いお話がたくさん持ち上がり、特に下記話題が面白くて盛り上がりました。

・「新・観光立国論」を皆さんに配り、イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」という希望に満ちた明るい観光立国日本未来像のご紹介

・徳島県役所が関わっている藍染め関連の業務をただで民間企業に戻してもらえるよう、こうしようと…皆は笑いながら良いねやろうかと…

・雑談~コマツ会長だった時代、ある社員アフガニスタンに赴任させた際、先に行け、いつか必ずパキスタンで会おうと約束した。2005年頃約束通りに対人地雷テスト視察の為にアフガニスタンへ行こうとした際、コマツ役員全員反対という壁にぶつかってしまった…いくら説明や議論しても話が通せずしょうがなく、アフガニスタンで何が発生したとしてもコマツは絶対に私を探さないで、私のために身代金を一円も出さないでという遺書を残してようやく約束を守ることができたと。

これは、まさに安崎会長の武勇伝の一つだと言えるでしょう。

藍染め普及事業に励んいる徳島県人も、きっと後世に語り伝える武勇伝をたくさん作れると思います。

-----------以 下 中 国 語-----------

安崎会长召开蓝染的海外普及交谈会

10月5日傍晚,东京徳島县人会会长的本研究会安崎会长,在赤坂インターコンチネンタルANAホテル中华料理花梨召开了蓝染的海外普及恳亲会。

参加者包括会长共10名,几乎都是与蓝染普及事业有关联的人物。
恳亲会上,大家聆听了实际从事于传统和式蓝染海外普及事业(現以欧米、东南亚为主)的西本小姐的介绍。
据她介绍,喜欢蓝染而希望参加体验的外国人越来越多,甚至不时还有不预约就突然造访要求参加体验的外国人,她为应对这些外国人的各种体验希望而忙得不可开交。
她说对于希望参加蓝染体验的外国人,并不是仅仅让他们参加蓝染这个工序,而是让他们从种植蓝这个起点拜师,体验整个蓝染工程。
参加恳亲会的两位中国人也兴致勃勃地聆听大家的介绍,为徳島县民保护本地传统物、保护日本传统物的而拼命的英姿而感动。

当然,安崎会长的话也很有意思,特记述以下几件活跃了会场气氛的话题。

・分发他买的新书给大家,人手一册,书名「新・観光立国論」,向大家介绍了大概内容—英国分析家提议的21世紀之「所得倍増计划」,一副让人充满希望与光明的观光国日本未来像

・鼓动大家如何如何,如此这般…与徳島县政府交涉,不花一分钱让县政府把参与的蓝染事业交还给民间企业…大家笑着连声说好,要不就这么干…

・杂谈~在小松会长时代,安崎会上在派一位员工去阿富汗赴任时候说,你先去打个头阵,啥时我们一定阿富汗见。大概到2005年他遵守承诺要去阿富汗视察对人地雷探测工程时,不料却遭到全体董事的反对,无论如何说明讨论都不行,无奈只好向公司提交了一份遗书,里面写明了倘若出事,小松绝对不要去找他,也绝对不要付1日元人质赎金,这才得以兑现了与那位员工在阿富汗相见的诺言。

这真可说是安崎会长武勇传之一啊。

相信致力于蓝染普及事业的徳島县人也一定能给后世留下许许多多的武勇传。

安崎会長、9月9日CIO賢人倶楽部公開セミナー講演レポート

9月9日14時より、CIO賢人倶楽部主催の公開セミナーが予定通り行われました。
台風の最中にまさか80人以上の方々がご来場いただきました!

Seminar

下記の通り、簡単なレポートを載せさせていただきます。

  ●CIO賢人倶楽部公開セミナー
                   どうする、CIOの後継者育成
     ~育成で人材は育つか?組織に貢献するIT部門を築くには~

 

・14時より、公開セミナーはCIO賢人倶楽部木内里美会長からの短いご挨拶でスタート。

・14:05分より、KPMGコンサルティング株式会社パートナー 寺﨑文勝様より、『人材開発体系の構築とタレントマネジメントの実践』について「戦略的タレントマネジメント」のしくみ、その導入と運用のポイントについて40分ほどご説明いただきました。

・14:45より、安崎会長より『日本型ハイブリッド経営から見た人材育成』をテーマにし、コマツ創業者経営DNAの継承、社長就任時に考えて強く推し進めた「人材育成」と「情報武装」、
特にその成果として経営とITの融合~ハイブリッド経営の成功実例などを、50分ほどご紹介いただきました。

・休憩後15:50より、CIO賢人倶楽部アドバイザー(元 ノバルティス ファーマ株式会社 執行役員 CIO)沼 英明様より、『情報システム部門における人財育成』をテーマとし、ソーシングストラテジーが多くの企業のキーサクセスファクターになるに伴い、社内情報システム部門に求められる役割も変化をし続けている昨今、ひと、人財を育成するための方法とマインドについてご講演なさいました。

・16:40より、『CIOおよびIT部門の人材育成のポイント』についての1時間ほどの活発なパネルディスカッションが行われました。
【モデレーター】 KPMGコンサルティング株式会社 パートナー 立川 智也 氏
【パネリスト】
 本研究会会長(元 株式会社小松製作所 代表取締役社長) 安崎 暁 氏
 CIO賢人倶楽部アドバイザー(元 ノバルティス ファーマ株式会社 執行役員 CIO) 沼 英明 氏
 CIO賢人倶楽部 会長 木内 里美 氏
 株式会社インプレス IT Leaders 編集主幹 田口 潤 氏

・その後の質疑応答も活発で20分予定でしたが15分ほど長引き、最後の懇親会までコミュニケーションが続きました。

セミナー参加者は、CIO賢人倶楽部会員に加えて、ほとんど経営者及び会社のCIOで、安崎会長の講演で「企業の競争相手は同業他社ではなく世の中の変化だ」という締めくくりに共鳴がかなり起こりました。

また、本研究会の趣旨や活動などについての質問も出ました。対して安崎会長より、引退後の余生三等分主義の「世のため」という部分や、世の中との繋がりを通してボケ防止というような冗談交じりのご回答で参加者達の笑いを誘いました。

安崎会長、9月9日CIO賢人倶楽部主催の公開セミナーで講演

この度、CIO賢人倶楽部木内里美会長のお誘いで、9月9日(水)午後、当賢人倶楽部主催の「どうする、CIOの後継者育成」をテーマとする公開セミナーで安崎会長の講演が決まり、コマツ現役時代人材育成などへの取り組みを含む日本型ハイブリッド経営の実践について、一時間ぐらい語ることになりました。

seminar info

講演後、CIO賢人倶楽部の役員達と、『CIOおよびIT部門の人材育成のポイント』をテーマとするパネルディスカッション、出席者からの質疑応答及び交流会も予定しております。

公開セミナーは無料で、詳細及びご参加申込はこちらへ ⇒ どうする、CIOの後継者育成

安崎会長、6月23日Biz/Browser(ビズブラウザー)のユーザ会での講演詳細確定

先日予告した安崎会長が6月23日(火)のBiz/Browser(ビズブラウザー)のユーザ会での講演の詳細が決まりました。

詳細およびお申込は下記リンクから
Biz/Browserユーザー様、ご検討のお客様向け「次世代情報システム研究会」第一回セミナー

今回の主催者:
オープンストリーム
片貝システム研究所

創業、起業 希望の若者へ

Click to read Chinese—点击阅读中文版

シャオミ、アリババなどの成功に刺激され起業を志す中国の若者が多いです。彼らへのアドバイスは?

去年上海で新書「聚变」の出版や交流会開催後、読者から質問が寄せられているそうです。シャオミ、アリババなどの成功に刺激され起業を志す中国の若者が多いです。彼らへのアドバイスは?と、上海の出版社から是非ご回答をというリクエストを受けて、下記の通り回答を送ったが、ブログにも載せておきましょう。

1.創業、起業は資本主義のダイナミズムを思わせます。
今、平均的には、アメリカの起業率が高く日本では低いでしょう。起業率が低い理由を日本人の安定を求める国民性や几帳面な職人文化に求める考えもありますが、私はそうは思っていません。
一般のサラリーマンは別として、本気で起業を望む若者は今の日本にもたくさんいます。
三井、住友に代表される、日本に多い400年、300年の長寿企業や、明治維新の時代に渋沢栄一、岩崎弥太郎の起こした企業、あるいは戦後のSONY、HONDAは創業後も発展を続けています。自動車のトヨタ、建機のコマツも同じです。コマツの創業者 竹内 明太郎のことは私の本に書きました。最近では、まだ先はわからんぞという声もあるでしょうが、ソフトバンク、楽天、ユニクロなどは創業成功に近いところに来ていると言えましょう。
つまり、時代の必要性を見抜いた創業が成功するという歴史的真実は洋の東西を問いません。中国ではどうでしょう。今は圧倒的に国営企業の時代です。それでも、民間のアリババや三一重工は成功しつつあります。

2.このような創業、起業の成功例、また有名無名の無数の失敗例を見ながら、今中国で創業、起業を決意している若者に差し上げる私流のアドバイスを次のようにまとめました。

「A」初心が大事だ。
大金を儲けたいのが、起業の動機の一つだろうが、それだけでは大きな成功は期待できない。成功事例の大半は、創業・起業の初心に金儲け以上の大きな志があったことを教えている。それは、時代や人により異なる志・希望であるが、なんらかの形で世のため人のための利他の心に裏打ちされている。起業を最後まで成功に持ち込む執念は強烈な初心次第だ。既存の企業で階段を上り社長になろうとする動機もよく似ている。ただ社長になりたいという望みだけでは課長にもなれない。社長になって何をやるのか課題を持って努力する人にしかチャンスは巡ってこない。

「B」天の時に恵まれると運が向く。
今の中国では国営企業がすべての業種で中心だろう。国営企業が巨大さだけで今後も優勢である保証がない時代だ。国営企業も民営化の課題を持つ、少なくとも民間企業の長所を取り入れる努力を怠れない。国営企業の隙を突く起業にはチャンスがあるかも知れない。
「世の中の変化が競争相手だ」という私の考えは、大企業経営者としての発言だが、先を見た信念・戦略に基づく起業者にも通じるだろう。千分の一、万分の一の成功確率だから、運を引き込む先見性のある起業でなくてはならない。

「C」死の谷を渡れ。
成功した起業者は何度も失敗をしている。金が足りない。商品やサービスに欠陥が出る。
信頼した従業員に裏切られる。もうだめだという死の谷が必ず現れる。この谷を渡れば成功への機会が待っている。挑戦する若者を見守るメンターや支援者の応援も必要。Aの初心と共に常日頃の本人の信頼性が支援者を惹きつける鍵となる
一度や二度の失敗で諦めるぐらいなら初めからやらないほうが身の為だ。

「D」信念を持て。
初心をわかりやすく「信念化」する。なんでも良いが、私の場合は「忘己利他」と「苦進楽愼」だった。しぶとい信念の実現に向かっての努力が幸運をもたらす。
毎日、朝起きたらこの信念化した呪文を唱える。山より大きな猪はいない。大きな猪がいつの間にかいなくなっている。

起業、創業を目指す若者の将来に祝福を贈る。

—–For Chinese readers below—–以下中文阅读—–

致希望创业、起业的年轻人~寄语众多受小米、阿里巴巴等成功案例激励而立志起业的年青人 。

去年新书「聚变」在上海出版、继而举办交流会后,听上海的出版社说收到了一些读者的提问,并希望我能对众多受小米、阿里巴巴等成功案例激励而立志起业的年青人有所回应。现将我对读者的回复也载于博客,分享于众。

1.创业、起业让人联想起资本主义的蓬勃生机与活力
平均而言,现今美国的起业率看似高于日本。 有种观点认为这源于日本人追求安定性的国民性以及脚踏实地的职人文化,但我并不同意这个看法。
撇开一般的工薪族不说,其实在当今的日本一门心思希望起业者大有人在。
代表三井、住友的日本众多拥有400年、300年历史的长寿企业,在明治维新时代由涉沢荣一、岩崎弥太郎创立的企业、或者战后之索尼、本田在创业后也持续发展。 制车行的丰田,建设机械行的小松也如此。关于小松的创业者竹内 明太郎我在书里写到了。最近,针对软银、乐天、优衣库等企业,虽有一些前景难料的看法,不过我认为这些企业差不多可划入创业成功之列了。
就是说,只有彻底洞察时代需求的创业才能成功,这是为历史所印证的事实,无论东西,普世皆同。再看中国的现状,当今国营企业还占压倒性上风。尽管如此,民间的阿里巴巴和三一重工却正逐步走向成功。

2.通过这类创业、起业的成功例、或者无数有名无名的失败例,我总结了以下荐语,献给决意创业、起业的中国年青人。

「A」重要的是初心不改。
想赚大钱,这兴许是起业动机之一,然而仅有这点志向是无望大成的。成功事例几乎都证明,创业者在创业、起业之初都立有超乎于赚钱的大志,那便是不同于其所处時代与世人们的普通志向・希望,这志向・希望因受为世界为他人这种利他之心的激励而愈发强大。 起业的执著信念能否贯穿于起业至成功,在于有否强烈的初心。这和在现存企业里想一步步上升为社长的动机有相似之处。仅仅有成为社长之愿望,那么恐怕连成为课长都只是奢望而已。机遇,只会让那种对成为社长后的自己要解决什么课题胸有成竹并立志为此努力奋斗的人碰到。

「B」遇天时,运亦转。
中国如今还是以国营企业为各行各业的中心。虽说国营企业规模庞大,但是并没有什么因素能保其持续优势,时代必会证明这一点。国营企业不可高枕无忧,也需未雨绸缪,作好准备以应对民营化潮流中将遇到的课题,至少应该努力学习吸取民间企业的长处。起业,从寻找国营企业的漏洞以及解决方法着手,这兴许是与良机相遇的一个起点。
「世事变迁才是竞争对手」,这虽是我作为大企业经营者的观点和发言,不过想来也应该适用于那些立下富有远见信念及战略决策的起业者。起业,因其只有千分之一、万分之一的成功率,所以它必须是能挖掘出潜藏好运的、具有远见卓识的起业。

「C」跨越死亡之谷。
成功的起业者也会屡经失败。资金不足,商品和服务存在缺陷,被其信赖的员工背叛等等,起业途中各种让其觉得已无路可走的死亡之谷必然出现。不过只要走出这个死谷,便能与前方等候着的良机相遇。另外,在起业途中向机遇挑战的年青人还需要良师引导,需要来自于援助者的支援。与上述A的初心一样,起业者本人的信赖性也是吸引支援者的关键所在。对于仅因一、二次失败就放弃的人而言,最初就不要开始,这方为保身上策。

「D」坚持信念
将初心浅显易懂地信念化。比如我便将自己的初心浓缩成了「忘己利他」和「苦进乐慎」。朝着顽强的信念努力才能与幸运相遇。
每天早起后唱念信念化的文字,如唱念咒文一般。若说一段段人生崎岖如山,一个个艰难险阻如野猪,那么没有比山更大的野猪,再大的野猪也会从山中消失。

为怀抱起业、创业志向的年青人,为他们的将来,在此送去我的祝福。

日本語版に戻る—Return to Japanese version—点击返回日语版