ハイブリッド経営のすすめ-短中長

—Click to read Chinese—点击阅读中文版—

皆さん、ご応援ありがとう!今日も「2.ハイブリッド経営のすすめ」を続けます。

2-3 短中長

時間軸をどうとらえるか、1月とか1年という足許の短期、2、3、5年という中期、10年、20年或いは100年という長期の区分がある。個人の生活でも今日明日今月という短期の問題は現実を見つめテキパキと処理し、来年再来年の計画はきちんと立て、10年先の夢は大きく・楽しく持つだろう。グローバル民間企業の経営でも短中長の時間軸をバランスよく考えることは重要だ。世界各地でいろんなことが次々に起こるから、毎日、毎月が忙しい。だが、24時間目先の対応に追われてばかりでは、会社がどこを向いて走っているのか社員には分からない。短期の課題もおろそかにせず片づけながら、来年はこうするという計画を示し、その先に10年、20年先はこうだというビジョン、夢を示すのが指導者役割だ。現実には足許で油断すると先を見過ぎたりしてつい転んでしまう。夢が語れなければ、その日暮らしかと馬鹿にされる。実際には、短期重視派と長期志向派があるが、あまり短期の利益追求では面白くない。自分の失敗でもあるのだが、取締役の任期を株主の意向だと一年刻みにしてしまったのなどは、役員に緊張感を植え付ける上では一定の効果はあったかもしれないが、日本の企業経営の美点でもあった長期志向の経営を、焦る取締役自身がつぶしてしまった感がある。個人、会社、国家どれをとっても短中長の時間軸の取り方のバランス感覚が大事である。100年の計を馬鹿にしては大成しない。ハイブリッド経営の時間的側面である。(続き)

最後までお読みありがとう。また次回ね!

—For Chinese readers below—以下中文阅读—

谢谢各位的支持!今天也继续「2.有关混合型経営的薦言」这个话题。

2-3 短中长

我们该如何绘制时间轴呢,就时间单位而言,有1个月或者1年的短期,2,3,5年的中期,10年,20年或者100年的长期区分方式。 続きを読む