ハイブリッド経営のすすめ-自然科学と人文科学

Click to read Chinese–点击阅读中文版

ブログをご応援の皆様、ありがとう!今日は「自然科学と人文科学」にうつります。

2.7 自然科学と人文科学

昔はともかく、専門が深化した現代では自然科学と人文科学の双方に通じた大学者はほとんどいない。理系文系双方を得意とする人も少ない。従って、会社経営では理系と文系のハイブリッド化を活かすことが有効である。商社や銀行でも理系社員が活躍し、メーカでも理系のみの経営センスでは上手くいかない。世の中は持ちつ持たれつだ。深みのある専門家と幅のあるジェネラリストの双方があって経営が成り立つ。研究開発の世界でも、専門分野を究めると同時に関連分野との交流が思わぬ発見発明を生むことがある。機械と電気・メカトロはかなり以前から注目されてきた。最近では人間の脳、身体と精神の不可思議さに注目して、生物学と物理学・化学の連携も進んでいる。私は子供のころ面倒な算数・数学が苦手で夏休みの宿題は友人に理科・数学を頼み、代わりに英語・国語・社会を引き受ける分業でごまかしてきた。お陰で両方とも満点となる。会社の経営では、技術に優れた人材の発見・選別に力を入れていた。優れた技術者は文系の視点の重要さが分かっている人が多い。コンピュータ万能の現代でも経営上これらのハイブリッド化の視点が必要である。

最後までお読みありがとう。また次回ね!

—–For Chinese readers below—–以下中文阅读—–

谢谢各位的支持!今天转入「自然科学和人文科学」这个话题。

2.7 自然科学和人文科学

今天撇开往事不论,且说在专业分类深化的现代,几乎没有既通晓自然科学又通晓人文科学的大学者,文理科都擅长之人也是凤毛麟角。因此要取得公司经营的成功,实现文理科人才资源的混合化为一有效的方法。倘若商社和银行都只为出身理科的员工提供施展身手的舞台,厂商也只用理科人才,则难以搞好公司的经营。世间之事均是相依相存的关系。资深专家与知识面广的多面手人才兼备,经营才能取得成功。研究开发领域也如此,在专业分野里纵深探究的同时,与相关分野的横向交流活动也有可能诞生出乎意料的发现发明。机械和电气・机电一体学很久以前就开始被关注,最近人类的大脑,身体以及精神的奥妙也开始引人注目,生物学和物理学・化学之间的协作关系也由此而更趋紧密。我在孩提时代苦于算数・数学,有过拜托朋友代我做暑假作业,而我替对方做英語・语文・社会作业,分工合作蒙混过关的经验,虽是胡闹双方却都得了满分,说来也算文理混合化的成果。在公司的经营上,我致力于优秀技术人才的发现・挑选。优秀技术者多数都懂得兼备文科型视点的重要性。即使是在电脑万能的现代,通过这些经营要素的混合化而造就的洞察力也至关重要。

谢谢阅读!再见!

日本語版に戻る—Return to Japanese version—点击返回日语版