ハイブリッド経営のすすめ-老若男女

—Click to read Chinese—点击阅读中文版—

ブログをご応援の皆様、ありがとう!今日は「2.ハイブリッド経営のすすめ」を続けます。

2-2 老若男女

日本は今高齢者社会中国もいずれそうなる。しかも多くの老人は元気。社会の各分野で元気な老人が地位や権力を握り続ければ、若い人々の活躍の舞台は少なくなる。新陳代謝、老荘青のバランスを取る考えがなければ若い人々の閉塞感が大きくなる。社会全体でもそうだが、企業経営でも同じ。一方で財政の現状から年金支出は膨れ上がるばかり。定年延長、年金支給年齢の65歳はこれから繰り上げて行かざるを得ない。老人の知恵、荘年の実力、青年の革新力、老荘青のバランスの取れた経営が必要となる。終身雇用はともかく、年功序列が崩れ、時に若い上司に使われる年長者が増えてきたのが現実だ。日本全体でみれば、政治の世界は新陳代謝が進んだ。総理も大臣も一頃より若返った。学界は定年がある程度機能している。会社も定年があるが、社長、会長とか、経団連など経済界は、老齢化が進み馬力が足りなくなっている。元気だから良いのだと言っているのは当人たちだけだろう。社長の就任時年齢を今よりも若くする工夫が必要だろう。人事制度、社内外教育、社長選出方法など課題が多い。
女性の進出活用が遅れているのも日本の特徴。子育て、教育、税制など女性活用のインフラ設計に改善の余地が多い。北欧がこの点での先進国。男から見れば、文句も多かろうが、半数の女性の力を活かしきれていないことは日本社会の問題点だ。コマツでも女性登用を早くから試行錯誤しながら進めてきたが、女性役員はまだ一人だけ。思い切って登用できなかった私の時代の失敗の結果だ。(続き)
最後までお読みありがとう。また次回ね!

—–For Chinese readers below—–以下中文阅读—–

谢谢各位对我博客的支持!今天续谈「2.有关混合型経営的薦言」。

2-2 男女老少

现今的日本已是高龄者社会,中国进入高龄者社会也仅是个时间问题而已。并且大多数老人都尚健康。然而倘若老人们继续掌握着社会各分野的地位和权力不放,那么就不能为年轻人提供足够的能让他们施展才华的舞台。 続きを読む