安崎会長、9月9日CIO賢人倶楽部公開セミナー講演レポート

9月9日14時より、CIO賢人倶楽部主催の公開セミナーが予定通り行われました。
台風の最中にまさか80人以上の方々がご来場いただきました!

Seminar

下記の通り、簡単なレポートを載せさせていただきます。

  ●CIO賢人倶楽部公開セミナー
                   どうする、CIOの後継者育成
     ~育成で人材は育つか?組織に貢献するIT部門を築くには~

 

・14時より、公開セミナーはCIO賢人倶楽部木内里美会長からの短いご挨拶でスタート。

・14:05分より、KPMGコンサルティング株式会社パートナー 寺﨑文勝様より、『人材開発体系の構築とタレントマネジメントの実践』について「戦略的タレントマネジメント」のしくみ、その導入と運用のポイントについて40分ほどご説明いただきました。

・14:45より、安崎会長より『日本型ハイブリッド経営から見た人材育成』をテーマにし、コマツ創業者経営DNAの継承、社長就任時に考えて強く推し進めた「人材育成」と「情報武装」、
特にその成果として経営とITの融合~ハイブリッド経営の成功実例などを、50分ほどご紹介いただきました。

・休憩後15:50より、CIO賢人倶楽部アドバイザー(元 ノバルティス ファーマ株式会社 執行役員 CIO)沼 英明様より、『情報システム部門における人財育成』をテーマとし、ソーシングストラテジーが多くの企業のキーサクセスファクターになるに伴い、社内情報システム部門に求められる役割も変化をし続けている昨今、ひと、人財を育成するための方法とマインドについてご講演なさいました。

・16:40より、『CIOおよびIT部門の人材育成のポイント』についての1時間ほどの活発なパネルディスカッションが行われました。
【モデレーター】 KPMGコンサルティング株式会社 パートナー 立川 智也 氏
【パネリスト】
 本研究会会長(元 株式会社小松製作所 代表取締役社長) 安崎 暁 氏
 CIO賢人倶楽部アドバイザー(元 ノバルティス ファーマ株式会社 執行役員 CIO) 沼 英明 氏
 CIO賢人倶楽部 会長 木内 里美 氏
 株式会社インプレス IT Leaders 編集主幹 田口 潤 氏

・その後の質疑応答も活発で20分予定でしたが15分ほど長引き、最後の懇親会までコミュニケーションが続きました。

セミナー参加者は、CIO賢人倶楽部会員に加えて、ほとんど経営者及び会社のCIOで、安崎会長の講演で「企業の競争相手は同業他社ではなく世の中の変化だ」という締めくくりに共鳴がかなり起こりました。

また、本研究会の趣旨や活動などについての質問も出ました。対して安崎会長より、引退後の余生三等分主義の「世のため」という部分や、世の中との繋がりを通してボケ防止というような冗談交じりのご回答で参加者達の笑いを誘いました。

安崎会長、Biz/Browser(ビズブラウザー)のユーザ会で講演

June23 meeting去る6月23日18時より、東京21cクラブで、株式会社オープンストリームと片貝情報システム研究所がBizBrowzerユーザーを対象に開催された第一回次世代情報システム研究会に、安崎会長が講師として迎えられました。

一時間ほど、コマツ社長就任してから取り組んだ「人材育成」、「情報武装」及びITと経営との融合実例などを語っていました。

講演後、質疑応答が30分ぐらい行われて懇親会に入って活発な交流がまた続きました。

企業の競争相手は同業他社ではなく世の中の変化だと、どのように世の中の変化と付き合うのかというと、IT戦略が事業戦略に応えるべきで、事業戦略がIT戦略を武装にすべき、ハイブリッド経営の実践だということでした。
講演後の第一Q&Aは、まさにこの内容の繰り返しでしたので、このブログに残しておきます。

Q:…事業部門戦略とIT部門戦略はうまく行かないが、どうすれば良いのか。
A:普通の会社では、IT部門より事業部門の方が力が強いでしょう。この事業部門長がIT戦略の重要性が分かっていれば良いのですが、素人的にIT化を単なる仕事の効率化だと考えていると困ります。IT部門長が社長とか経営企画部門長とかを説得して会社全体の戦略としてIT戦略が今重要なのだと理解させねば問題はかたずきません。理解の足りない社長以下に対する、説得の仕方を工夫すべきです。社長が耳を傾けるようなコンサルや社外の助けを借りるとか、IT戦略で成功している会社を見学させるとか、社内に他社の成功例をうまく紹介するとか、問題意識のある社員グループに提案させるとか、IT部門長自身が本気の仕事として推進することです。これが出来ねば、IT部門長か社長が代わる時までだめですね。日々競争力を失いつつあるという危機意識が会社として足りないのです…

関連記事

第一回次世代情報システム研究会開催!株式会社小松製作所 元会長・社長の安崎様をお迎えし、ご講演を頂きました。安崎様が社長就任の際、会社全体のことだけをやると決断され「人材育成」「ITを経営の武器にすること」を実行されたことをはじめとして貴重なお話しを沢山頂きました。当社では今後もお客様の業務改革や事業貢献につながる講演、セミナー、イベントを開催してまいります。

Posted by 株式会社オープンストリーム on 2015年6月23日

片貝情報システム研究所記事

安崎会長、Biz/Browser(ビズブラウザー)のユーザ会で講演予定~6月23日(火)

先月中旬頃、安崎会長へのセミナーでの講演依頼が入り、6月23日(火)に決まりました。
今回はBiz/Browser(ビズブラウザー)のユーザ会での講演です。
今でこそITは経営の武器だと言えますが、20年も前にそれを実践された安崎先生に経営にとってのITとは何か、それをどう経営に生かしたかなどを語っていただきたいということで、ご好評をいただいた去年7月のシステムイニシアティブ協会での講演内容(ITを経営の武器にする)に似たような話題になる可能性が高いと思われます。

今回の主催者:
オープンストリーム
片貝システム研究所

詳細が決まり次第、またご案内いたします。

11月21日 安崎暁会長はHorizonクラブ例会で講演

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 本研究会安崎暁会長は、11月21日にもう一人の日本経営者大人物岩﨑哲夫先生が主宰するHorizonクラブ例会で講演されました。

日中草の根交流が主なテーマですので、まず10分間ぐらい11月10日~14日間の上海・南京の3つの大学(院)での講演交流会のミニ写真展をやってから、本題に入り、コマツ創業者からご自身の現役時代の取組、ハイブリッド経営、そして日中交流などについて語りました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、(経営者がほとんどの)参加者達からの活発な質疑応答を終えて、講師の安崎会長を囲む和気あいあい懇親会で2時間以上も盛り上がりました。

 

無題

当日、日中民間交流雑誌『和華』創刊者・編集長の孫秀蓮さんを含む和華メンバー3人も講演会及び懇親会に参加し新たに出会った和華の関心者と交流を深めました。『和華』はだんだん創刊当初の"文化”交流というキーワードの範囲を超え異業種日中草の根交流ストーリーコレクションになってきて、もう通常意味でいう雑誌ではなくて、日中交流者達が何らかの形で力を合わせ共同制作したストーリーを載せたり世の中へ広げるようなユニークな媒体になりつつあります。

ハイブリッド経営のすすめ-有関混合型経営的薦言

—Click to read Chinese—点击阅读中文版—

ブログをご応援の皆様、ありがとう!

今日は大きな項目「2.ハイブリッド経営のすすめ」にうつります。

2.ハイブリッド経営のすすめ

2-1 ハイブリッド経営

2010年9月に日本で“日本型ハイブリッド経営”という本を友人との共著で出版した。その序文の一部にハイブリッド経営について次のように記した。

東西文化の融合、ハードとソフトの統合、情報システムと機械工学システムの結合、生物学と物理学の融合など縦横斜め、上下左右、各種各様の結合、融合、統合、という経営のハイブリッド化の理論と実際を示し、読者にグロー化時代を生き抜く企業経営のヒントを提供する。

②先進諸国で失業率が高止まりしている。世界的に見て日本社会の階層間格差は大きいほうではない。格差の社会主義的平準化を美徳として発展してきた日本では、雇用問題、特に社会的弱者、一時的敗者に対する安全網の整備を国の活力を殺がぬ形で工夫することが必要であろう。ただ子供の給食費を能力があっても払わぬ親がいる、というような風潮を認めては国がもたない。公教育に対する一般市民の健全な関与なくして世界に通用する自立した責任ある将来の日本人は生まれてこない。今日の問題解決に雇用や教育も視野に入れた政治経済学の果たす役割も増大している。経済政策社会政策のハイブリッド化、統合がここでも求められている。

③遣唐使による中国の文化文明や明治維新後の西洋の文化文明の導入など日本人は日本の独自性を忘れずに自国文化・文明と海外の優れた文化・文明の融合に成功した。ハイブリッドは融合、統合の仕方に工夫がいる。海外と国内、ソフトとハード、社内と社外、生物学・化学と物理学・工学、情報技術と専門技術の組み合わせなど、業種や会社によって狙う方向は異なるだろうが成長市場向けの商品とサービスの開発、ひいては企業の成長にハイブリッド化はヒントを提供してくれる。(続き)

最後までお読みありがとう。少し早いが、良いお年を!

—–For Chinese readers below—–以下中文阅读—–

谢谢各位对我博客的支持!今天开始下一个大题目「2.有关混合型経営的薦言」。

2.有关混合型经营的荐言

2-1 混合型経営

我于2010年9月在日本出版了与友人合写的「日本式混合型经营」(「日本型ハイブリッド経営」)。在序文中我们就混合型经营论述如下。

①东西文化的融合,硬件和软件的统一,信息系统和机械工学系统的结合,生物学和物理学的融合等等,各种各样的因素纵横交错,上下左右,在结合,融合,统一的过程中展示经营的混合化理论以及实践,并就如何在全球化时代求生存为读者提供企业经营方面的启示。

②当今发达国家的失业率居高不下,不过从全世界看来日本社会各个阶层之间的差距并不算大。然而在维系社会阶层差距平准化并以此为美德的基础上发展起来的日本也有问题存在,也需要在不损坏国家活力的前提下努力解决雇用问题,特别需要致力于健全面向社会弱势群体,一时性失败者的救济制度。不过现在竟然有一些为人父母者有支付能力也不愿意支付孩子在学校的伙食费,这可不应该纳入救济对象,这种风气要是得到认可国家就难以整治了。公共教育需要一个能让一般市民容易参与的健全体制,不然则难以培育出世界通用型,自立能力强,富有责任感的日本人才。要解决现今的问题,需要把雇用和教育纳入政治经济学的范畴,这方面也需要经济政策和社会政策的混合化和统一。

③从历史上看来,虽然遣唐使带来了中国的文化文明,明治维新后日本又导入了西洋的文化文明等等,但是日本人却并没忘记日本的独自性,而是成功地将本国文化文明和海外的优秀文化文明融合在一起。混合,需要在融合以及统一的方法方式上下功夫。海外和国内,软件和硬件,公司内和公司外,生物学・化学和物理学・工学,信息技术和专业技术的组合等等,虽然不同业种以及不同公司也许都各有各追寻的方向, 然而混合化却能给面向成长市场的商品以及服务的开发,进而能为企业的成长提供启示。(续)

谢谢阅读!提前预祝大家新年愉快!

日本語版に戻る—Return to Japanese version—点击返回日语版