中国寧波での講演レポート(2)~日中草の根交流活動

寧波での講演レポート(2)~日中草の根交流活動

01

寧波の講演会で感じた第二の印象は中國民間企業の熱心な学習態度です。TQC、TQMに対する真剣さが1980年代とまったくちがうと実感しました。

私は1973年、当時の小松社長、河合良一さんに日中国交回復記念に小松ブルドーザの技術提携、中國での国産化支援をやりましょうと社内で提案しました。河合社長は私がコマツに入社する以前からLT貿易など日中民間交流に熱心だった日中交流の井戸を掘った人達の一人です。当時課長時代の私は竹のカーテン内部の毛沢東の大躍進政策、人民公社、文化大革命の詳細は勿論良く分かりませんでしたが、中國ビジネスの第一線の担当でもあり、中國研究者との付き合いもあったためこのころの中国の政策の変化を漠然と感じ取っていました。現金でブルドーザの買い付けをする交渉相手にお金が足りないなら、長期延払いを利用するのはどうですか?と提案するたびに、中國は自力更生が国是です。あなたたち外国の援助は不要です。と今までは、きっぱりと拒絶されていた反応が少し変化し、延払いとはどういうことか教えてくれという人が現れるようになったのです。建設機械を我々から買う中国側窓口の人たちが漏らす言葉からお金があれば国土開発のために必要となるブルドーザはいくらでも買いたいのだ、中国製の機械はあるのだが、コマツのようには働かないという話もひそかに聞きました。こんな話がばれたら国家機密の漏洩に当たるのが当時の中国の事情でした。

このような時代の私の提案はまず日本で社内の反対にあいました。欧米アジアに進出したばかりの海外事業本部は中国などに今付き合ってはいられない、当面の重点市場に全力投球すべし。中国事業を長年やってきた先輩は国産化など提案する前にもっと輸出で稼ごうぜ、外国援助を受けるはずがない。

河合社長は社外の専門家によく聞いてみようと興味は示されたものの、慎重でした。ある日、社長室に呼ばれました。倉敷レーヨンのビニロンプラントの輸出事情に携わった人や、大久保さんという当時の日中交流専門家の話を聞いてみた、二人とも提案を出すことは面白い、と言ってくれたよ。やってみるか。私は喜んで、宛先を当時の交渉相手の総裁とし、河合良一社長の名前で長文の提案書を書き上げました。中国の社会資本建設に必要と思われるコマツのブルドーザの技術供与を提案します。その目的、条件、工場建設への協力姿勢はこれこれです。設計図面の供与のみならず、生産管理・品質管理の指導研修にも協力しますという内容です。機械輸出入総公司 程継賢 総経理あてとしました。

すぐ総経理から返事が来て交渉相手はわが機械輸出入総公司ではなく技術輸出入総公司となります。この相手との技術交流を始めることになりました。この時なぜかTQCの話は進まなかったのです。製造業においてTQCの大事さの理解が今回と当時とで全く違うという私の冒頭の印象の背景を記しました。(続く)

09

中国宁波讲演报告之(2)~日中草根交流活动

本次宁波讲演会给我的第二印象是中国民间企业那热心的学习态度,他们对于TQC、TQM的认真劲头与1980年代相比不可同日而语。

1973年,我向当时的小松社长河合良一先生提出了为纪念中日外交关系的恢复,与中国进行小松推土机的技术提携、并支援产品在中国现地国产化的建议。河合社长是将在我进小松前就热心于LT贸易(*)等中日民间交流的井戸先生挖来的人之一(*LT贸易指1962年中日之间基于《中日长期贸易综合协定》,在两国无正式邦交的情况下,互建联络处,利用政府担保资金进行的半官半民的贸易活动。“LT”来自中方代表廖承志、日方代表高埼达之助英文名的首字母。1968年后改称MT贸易)。当时尚是课长的我虽对竹幕内部的毛泽东的大跃进政策、人民公社、文化大革命的具体情况不甚了解,然而由于身为中国相关事业第一线的担当,且与中国研究者有些交集,所以也隐约感到了点中国政策方面的变化。以前我每次对推土机购买方提议,如果资金不够,可以选择长期延期支付方式时,对方都会说中国以自力更生为国策,不需要你们外国的援助。而后来我感觉购买方的回应逐渐发生了变化,出现了不是断然回绝而是咨询延期支付方式详细内容的购买方。从购买我方建设机械的中方人员语气中我得知,国土开发需要推土机,只要资金没问题,多贵都想买,进而还暗中得知中国虽有国产机械,性能却赶不上小松产品。这类话在当时若是公之于众,属于泄露国家机密,只可暗中意会了。

我在那个时代的提案首先在日本公司内遭遇了反对。有人说海外事业本部刚刚着手进出欧美亚、不该去和中国等打交道、应该瞄准重点市场全力投球。也有长年担当中中相关事业的前辈说,提出在中国搞国产化等建议之前应该扩大输出多赚钱、况且中方也不会接受外国援助。

河合社长虽对我的建议饶有兴趣,却颇为慎重、说要仔细听听公司外专家的意见。有一天,我被叫到了社长室,他说他听取了仓敷人造丝公司的维尼纶成套设备相关人员以及当时的中日交流专家大久保先生的意见,二人都说我的建议颇有意思,做做看吧。我很高兴地用河合社长的名义、起草了以当时交涉方总裁为收信方的提议书。内容包括,愿与中方达成小松推土机技术提供协议、为中国的社会资本建设出力、目的、条件、工厂建设方面的协作等等。协作内容不仅包括设计图的提供、还包括生产管理以及品质管理的相关指导及研修方面。提议书的收信方为机械输出入总公司程继贤总经理。

很快对方总经理的回信就到了,我们被告知交涉方不是机械输出入总公司,而是技术输出入总公司。那之后我们便开始了与对方的技术交流。然而不知为何,有关TQC的话题未能进一步深化。正如文首所言,对于TQC在制造业的重要性的理解,幸而现今终得深化,与那时不可同日而语。(待续)




この投稿のTrackback URL

コメントを残す