現役を干渉しないは、イコール無関心ではない

現役を干渉しないは、イコール無関心ではなく、逆です

鉱山機械ビジネスを欧米企業のM&Aにより発展させた経緯を前回のブログで紹介した。
自社内の経営資源を活用すれば、大型の鉱山機械の開発・生産・マーケテイングは十分可能だという、当時の社内各部門のどちらかといえば部分最適の議論を全体最適かつグローバルな見地から他社買収へと誘導し、時間を買うということで納得してもらったのだ。

7月23日の新聞で現在のコマツの経営陣が地下坑内掘りの米企業を3000億円で買収するという記事を見た。世界の資源ビジネスは今不況だが、円高気味でもあり地上と地下の鉱山機械の両方を持つ強み、超大型の品ぞろえも進むという点からリスクがあっても賛同できる決断だと思う。

私自身は現在の経営から身を引き一切の口出しもせず、相談も受けていないが将来の事業の発展のためしぶとく努力してくれるよう期待している。

この日もう一つ面白い記事があった。朝日新聞が財政再建中の夕張市の市長にインタビューした記事だ。鈴木直道さんという2011年から現職の若い市長だ。人口減で増す負担は国も地方も同じ、自分のことと意識すべしという内容だ。
最盛期の1960年12万人いた夕張市の人口は現在8千人。
財政再建中だが若い世代のために投資を集中していくという。
よく読むと地方VS国の政治の苦労がにじみ出ている。

私はハイブリッド経営思想の持主だから、朝日も産経も日経も読んでいるが、社説はともかく朝日新聞も最近は時々良い記事を載せている。

高齢者と若者への政策問題は次回に書きましょう。

不干涉现役,并不意味着对现役毫无关心,恰好相反

上次的博文介绍了小松通过对欧美企业的并购,矿山机械事业得以发展的经过。
只要活用自己公司既存的经营资源,就完全有可能推行大型矿山机械的开发、生产、营销工作,我们围绕着这个当时对公司内各个部门有利的议题,进而站在对公司整体有利的全球化立场推进讨论,终于在通过并购其他公司、赢取时间上统一了意见。

7月23日的报纸有篇报道称,现在的小松经营阵决定以3000亿日元收购一家美国的地下坑挖掘企业。虽说如今全世界的资源事业景气不佳,然而在日元呈升值趋势的形势下,若地上及地下两方矿山机械皆能备齐,这无疑能增强企业的体制,就算在推进超大型机械的装备方面存在风险,我也认为这是个正确的决断。

自从隐退后,我针对公司的经营是毫不干涉,也不接受相谈,不过还是一如既往守望、期待着,现役的小松人为了事业的持续发展,能齐心协力、坚持不懈。

这天我还读到另一篇报道,那是朝日新闻对正在进行财政再建的夕张市市长的采访报道。该市长名为铃木直道,是一位从2011年上任,至今还在位的年轻市长。
他在访谈中谈及,由人口减少导致的负担增大不仅是国家,同样也是地方的问题,所以也应视为自己既是个人的问题。
夕张市在人口高峰期的1960年有12万人,现在却仅有8千人了。
财政再建中的夕张市将把投资的重点集中于年轻一代。
仔细读来,可以感觉到地方VS国家政治之举步维艰。

主张采用混合型经营模式的我,既读朝日、也读产经和日经,社论姑且不说,近来读朝日新闻,时时会发现内容挺不错的报道。

下次想谈谈我对高龄者及年轻人相关政策问题的看法。




この投稿のTrackback URL

コメントを残す