安崎会長、6月21日アリババ関係者たちとの交流会で講演

今日、安崎会長より久しぶりに便りが届きました。去る6月21日にアリババ関係者たちとの交流会で日中グローバル企業の課題をテーマとした講演後、Q&Aの一部の紹介でした。下記の通り、シェアしておきましょう。
————————————

Q1:安崎先生は三国志の愛読者と聞くが登場人物中誰が好きか?なぜか?
A:曹操です。人材の登用・人事評価・信賞必罰が明確、人使いがうまいところに惹かれる。

Q2.日本には、400年も500年も続く長寿企業があるが企業永続の秘訣はなにか?
A:中国では社会主義市場経済を始めて間もなく国営企業は別として、民間企業では新興企業も良く消滅している。成功を急いで求めすぎ、生き延びることを大事にしていないのではないか?存続のためには、キャシュフロウ(資金繰り)に留意しなければならない。
借金したり上場したりしても、金融機関・市場の信頼を得続ける努力を忘れてはだめだ。
後継者を時間をかけて育て成長を見守る勇気と根気も要る。日本でも優れた創業者が自分を過信し、ときに失敗している。老害は発展の敵だ。「事業の成長に最も害をなすものは、青年の過失に非ずして老人の跋扈である」という伊庭貞剛の言の通りだ。

Q3.10年で500人のビジネスリーダー候補を作るというプロジェクトで最も注意したことは?
A:将の将たる人物を見つけてきて育てることだ。

PS:アリババについてはソフトバンクの孫さんが投資し、発展後、株を売却して儲けたことぐらいしか知らないが、本日22日の新聞によると、その孫さんは、大金を投じて探してきた後継者を社長にせず自分がまだやるとのことだ。
成功した創業者の後継問題は難しい!

以 下 中 国 語

有些日子没有音讯的安崎会长今天来信,提及6月21日在阿里巴巴关系人士参加的交流会上以日中跨国企业所面临课题为主题的演讲,并介绍了演讲后一部分Q&A的内容,现分享如下。
————————————

Q1:听说安崎先生非常喜欢阅读三国志,请问在三国的登场人物中您喜欢哪一位?为什么?
A:我喜欢曹操。他善于人才选拔、人事评价、赏罚分明、他知人善任的作风对我很有吸引力。

Q2.日本有长达400年、甚至500年的长寿企业,请问企业长寿的秘诀是什么?
A:中国开始实行社会主义市场经济后为时尚不久,且不说国营企业,民间企业中也有不少新兴企业在消失。估计是因为急于求成,急功近利,没有重视企业的生存之道吧?
要让企业存活下去,首先必须重视资金流动(资金周转)这项要务。
就算贷到款实现了股票上市,也不可忘记需继续致力于获取来自金融机关以及市场的信赖。
另外在培养接班者方面也应不惜花费时日,需要勇气与不懈的恒心。在日本时而也有优秀的创业者由于过于自信而失败。
老害是发展之敌。正如伊庭贞刚所言:“对于事业的成长,最大的危害不是青年的过失,而是老人的跋扈”。

Q3.请问您在施行10年培育500候补商业干部这个项目中最重视的事情是什么?
A:在实施那个项目时,我最重视的是致力于发现并培养那些具有将将之才的人物。

PS:关于阿里巴巴,我只知道软银的孙社长曾投资、在阿里巴巴发达后、他卖掉股票赚了钱,不过我从今天22日的新闻得知,孙社长又不让他自己花费巨款寻来的接班者继任社长之位,而是决定自己续任之事。
成功创业者的继承人问题真是一件难事啊!




この投稿のTrackback URL

コメントを残す